よくある課題と解決策(よくある課題と解決策)
会計
販売・購買
人事・給与
資産管理
検討時のよくあるご質問
機能全般のよくあるご質問
導入後のよくあるご質問
技術面のよくあるご質問


ERP ProActive TOP >よくあるご質問・課題と解決策 >どこまで減らせる? 人事部門の定型業務

どこまで減らせる? 人事部門の定型業務

人事・給与分野におけるよくある課題とProActive E² (プロアクティブ)での解決策をご紹介します。

毎月発生する定型の人事業務。何とか効率を改善できないものだろうか?

ERPパッケージによる課題解決のポイント

ポイント1: 各社員の入力情報の統合によるコスト削減

各社員からのデータ入力・申請が可能となるERPパッケージを導入することで、処理の分散・効率化が図れます。また、各種届出や申請のペーパレス化も同時に達成できます。

ポイント2:進捗状況の可視化

ミスの許されない作業が多い人事業務。それぞれの業務の進捗状況が把握でき、処理漏れを未然に防ぐ支援機能をもったERPパッケージを選定することが重要です。

ProActive E2での解決策

ProActive E²では、 これまで紙で配布・申請していた各諸届について、Webブラウザを利用して各社員からデータを直接申請することが可能になります。仕分けと配布に手間のかかる給与明細に関しても、Webブラウザや携帯での閲覧やメール配信が可能です。

業務ナビゲーションメニューにより、ProActive E²を利用した場合の業務処理手順が「可視化」され、処理漏れや手戻りなどを未然に防ぎます。ナビゲーションメニューでは単純に処理の流れをナビゲーションしているだけでなく、関連するマスタなどについても合わせてメンテナンスを促す仕組みとなってます。また、各手当の給付期間指定など、有効期間を日付管理する支援機能で業務をサポートします。

NTTソフトウェア株式会社様は、増大する業務負荷を解消するとともに、社内外の制度改正に即応できる業務システムの構築に迫られていました。 ProActive E²で課題を解決され大きな効果をあげられてます。



詳細な情報をご希望の方は資料請求からお問い合わせください。

お問い合わせ・資料のご請求