よくある課題と解決策(よくある課題と解決策)
会計
販売・購買
人事・給与
資産管理
検討時のよくあるご質問
機能全般のよくあるご質問
導入後のよくあるご質問
技術面のよくあるご質問


ERP ProActive TOP >よくあるご質問・課題と解決策 >貿易業務効率化のカギとは?

貿易業務効率化のカギとは?

販売・購買管理分野におけるよくある課題とProActive E² (プロアクティブ)での解決策をご紹介します。

監査で、「証跡管理」や「業務上の決裁権限の徹底」を強化しなければならないと指摘された。業務フローに沿った裁量権や手続きの設定が可能な情報システムを導入したいな・・・。

ERPパッケージによる課題解決のポイント

ポイント1:国内外の取引データを一元管理

国内取引と海外取引を一元管理できるERPを選択することで、参照すべきデータが一元管理され、国内・海外を合わせた売上状況をリアルタイムに把握することができるようになります。

ポイント2:蓄積されたデータを二次活用

任意のレポート作成を求められることが多い場合には、蓄積されたデータを柔軟に活用できる仕組みも重要です。一元管理されたデータですので、チェック作業が軽減され、レポート作成の効率向上を実現します。

ProActive E2での解決策

ProActive E² は、販売管理システムで国内取引と海外取引が一元管理可能です。さらに、長年にわたり商社のシステムを支援してきたSCSKだからこそ、多様な貿易取引にも標準機能で対応できる充実した機能を提供。お客様業務との高い適合率を実現します。

また、蓄積されたデータを柔軟に活用できる「自由レポート作成機能」を有しており、ProActive E² に登録されている全情報から、必要な情報を、必要な並び順で、出力することができます。そのため、非定型のレポート作成依頼にも、柔軟に対応可能です。



詳細な情報をご希望の方は資料請求からお問い合わせください。

お問い合わせ・資料のご請求