よくある課題と解決策(よくある課題と解決策)
会計
販売・購買
人事・給与
資産管理
検討時のよくあるご質問
機能全般のよくあるご質問
導入後のよくあるご質問
技術面のよくあるご質問


ERP ProActive TOP >よくあるご質問・課題と解決策 >技術面のよくある質問

技術面のよくある質問

技術面におけるよくある課題とProActive E² (プロアクティブ)での解決策をご紹介します。

操作性や周辺システムとの連携について教えてください。
ProActive E²は画面表示などのユーザーインターフェースにはリッチクライアント言語「Curl(カール)」を使用しております。リッチクライアント言語を利用することで、ネットワーク負荷の軽減や、Webのシステムでありながらも従来のクライアントサーバシステムのような操作性や表現力に優れたシステムを実現しています。また、SOA(サービス指向アーキテクチャ)を採用し、高い拡張性を確保しておりますので、WMSやEDI、CRMなど、様々な周辺システムとの連携についても容易に実現可能です。
仮想化環境上で利用できますか?
利用可能です。
VMware、Oracle VMを活用した仮想化環境にてProActive E²を稼動させることで、近年高まりつつある「サーバ台数の削減によるグリーンITの推進」、「システム運用の負荷軽減」というニーズに対応します。


詳細な情報をご希望の方は資料請求からお問い合わせください。

お問い合わせ・資料のご請求