ERP ProActive TOP >グループ導入事例特集 株式会社東京証券取引所の決断

株式会社 東京証券取引所の決断

決算期の業務負荷軽減と管理会計の精度向上を実現する

新システム検討の背景 東京証券取引所様が抱えていた課題とは?

システムを刷新し課題を解決したい。
旧システムのランニングコスト
実施したカスタマイズが影響し、法制度対応の際に時間とコストがかかっていた。
四半期ごとに発生する決算固有の業務負荷
一部手作業に頼る業務など、煩雑な業務プロセスが決算業務の非効率を招いていた。
グループ横断的な管理会計の強化
グループ横断的な管理会計導入には、より詳細なセグメント情報が必要であった。
  • リアルなお客様の声が満載!事例のPDFダウンロードはこちら
  • ProActive E2の製品 事例カタログ請求はこちら

新システムの選定へ

多くの製品の中から自社に合ったシステムを見極めるため、選定を「3STEP」に分けて実施。

新システムの選定
  • お客様が求めた要件とは?事例のPDFダウンロードはこちら
  • ProActive E2の製品 事例カタログ請求はこちら

導入から本番稼動へ

スケジュール通りの本番稼動実現のポイント

  • パッケージに業務を合わせるという東京証券取引所様の方針
  • 多様な業務に対応できる柔軟なシステム機能を活かした業務設計
  • 東証のプロジェクトメンバーと導入コンサルタントが一体感を持ち導入を進めていったこと

スケジュール通りの本番稼動実現のポイント

  • どのような導入効果を得たのか?事例のPDFダウンロードはこちら
  • ProActive E2の製品 事例カタログ請求はこちら

東証
  • User Profile
    株式会社東京証券取引所
  • 安全かつ公正な取引が行われる様、常に証券流通の中枢を担ってきた同社は、2007年に自主規制機能の強化を目的に分社化。東京証券取引所グループを持株会社とする6社から構成される企業グループを形成し、高い公共性を保った取引所金融商品市場の運営を行っている。