コラム一覧

> >

コラム記事

クラウド環境でのERP利用の現在と導入効果を改めて考える

最近では、当たり前のように耳にする言葉となった「クラウド」ですが、クラウド環境におけるERPの活用は、
どのようになっているのでしょうか?

各リサーチ会社のクラウド市場全体に関する市場調査レポートを見ると、市場規模は増加する見込みと推測
されており、クラウドERPについても、低い伸び率であるものの市場が大きくなっていくと推測されています。

パッケージソフトウェアの月額利用課金型であるパブリッククラウド、いわゆるSaaSモデルと、自社利用に限定する
IaaSモデルでのプライベートクラウドがありますが、ここ数年は、プライベートクラウドでのERP利用が増えています。
1社単独での利用よりも、グループ共通システムの基盤として検討されるケースが多くなっております。

しかしながら、まだまだERP利用形態の本流とはなっておらず、従来型の自社資産としてシステムを構築する
オンプレミス型が主流です。採用する企業にとって、「セキュリティ」や「コスト」を考えると、クラウドの活用に
踏み切れない、といった声もあるようです。

そこで、ERPでのクラウド活用メリットを考えてみますが、活用メリットには、「災害時の復旧対応の容易さ」、
「システムリソースを柔軟に変更可能」、「運用コストの低減」の3つがあげられます。

まず「災害時の復旧対応」については、堅牢なファシリティ、高度なセキュリティと耐障害性を実現するデータセンターを
活用することで、高いセキュリティレベルの確保だけではなく、事業継続性にも効果を発揮します。

次に、「システムリソースを柔軟に変更可能」できることで、利用年数の経過やビジネスの拡大に伴うデータの増加に
対するシステムの増強が必要になっても、対応が容易になります。サーバの入れ替えや増強作業が発生しないことで、
データ移行作業などを省けるため、大きなメリットを享受できます。

「運用コストの低減」では、クラウドで利用する場合、データのバックアップやサーバのメンテナンス等、システム基盤の
運用はクラウド事業者が実施しますので、自社で運用要員を配置する必要は無くなります。パッケージの導入・保守
費用に加えて、システム運用要員のコストも合わせてTCOを考えた場合、オンプレミスよりもクラウド利用の方が低減
できる企業も多いのではないでしょうか。

このメリットから考えると、グループ共通システムの基盤として、ERPのクラウドの利用増加は、理に適っています。
セキュリティ面では、自社利用に制限されたプライベートな環境を使うため、データが他の企業に閲覧、改竄される
リスクはありません。運用面では、M&Aによる利用企業数の増加などに対応するため、システム基盤を素早く増強
できる高い拡張性は重要ですし、インフラの運用を外部委託することで、コスト面でも大きなメリットを享受できそうです。

クラウドで構築するグループ情報基盤や、安心して利用するための事業者の見極めポイントや実際の活用事例などを、
「クラウドで実現する迅速なグループ経営とは?」というセミナーにて、ご紹介いたします。
3月27日に開催いたしますので、参加をご検討頂ければ幸いです。


◆関連セミナー◆

クラウドで実現する迅速なグループ経営とは?
~ERP・連結会計そしてクラウドの活用によりROIの向上を目指す~
  2013/3/27 【東京】トラストシティカンファレンス・丸の内(東京都千代田区)