組織を強くするクラウドERP <ProActive>
 
組織を強くするクラウドERP <ProActive>
導入事例

NTTソフトウェア株式会社

導入の概要

  • 社会環境の変化に伴う制度改正にスピード対応。柔軟性ある新システムが人事、給与業務を革新

NTTグループの先端技術開発事業を担うNTTソフトウェア株式会社様は、「e-Value Creation」をスローガンに、先進のネットワーク・テクノロジーとシステム構築力を活かして、ICTソリューション企業として邁進されております。近年ますます成長を続ける同社に迫られていたのが、社員数の増加に伴い負荷が高まる人事給与業務をいかに効率化できるか、さらには社会環境の変化に伴う制度改正への迅速な対応ということでした。こうした様々な課題を解決するシステムとして選ばれたのが、ProActive E²(プロアクティブ)です。ProActive E²のビジネスパートナーでもある同社は、自社システムの導入を経験することで、ProActive E²の導入に関する実践的ノウハウも蓄積されました。

導入の詳細

  • 背景

事業拡大とともに増大する人事・給与業務負荷を解消するために、社会環境の変化に合わせた制度改正にも即応できる業務推進の実現に迫られていた。

  • 課題
  1. 旧システムは社会環境の変化に伴って進められる先進的な制度化に柔軟に対応できない
  2. 人事システムと給与システムが連携されておらず、社員情報の二重管理が必要だった
  3. システムで対応できない業務があり、紙ベースでの管理を余儀なくされていた
  • 課題解決のポイントと、導入に対する評価
ProActive E²選定時のポイント
  • 設定変更だけで自社業務に対応できる柔軟な標準機能であったこと
  • 標準機能の豊富さと、導入および制度改正に対するコストのバランスが優れていたこと
  • 現場社員が使いやすい申請機能により、各種申請の分散入力を実現できること
導入後の評価
  • 各種申請の分散入力の実現により、業務負荷が約3分の1程度に軽減された
  • システムの稼動に伴うコストや労力が削減された
  • データの二重入力や紙ベースでの管理が削減された

《 お客様の声 》

データの二重入力や紙での管理が削減されました。また、人事上の各種変更申請等を現場の各社員自身が直接入力できる仕組みに切り替わったことで、総務担当スタッフが行っていた各社員の申請書類の確認・登録作業が無くなり、業務負荷が大幅に改善されました。規定が改定されても、設定変更だけで対応できるのは大きなメリットであり、長期に渡って活用できるシステムだと実感しています。

CASE STUDY

ProActive 他の導入事例

グループ人事管理の労働生産性向上と数万人規模のマイナンバー管理を実現できるシステムを構築

株式会社学研プロダクツサポート

人事給与システムのTCO低減とマイナンバー制度への対応にクラウドERP(SaaS)を活用。低予算かつ短期間で本番稼働を実現

プリモ・ジャパン株式会社

コーポレートガバナンスの強化と業務効率の向上に成功。よりスピーディに経営状況の把握が可能に

タワーレコード株式会社

WHITE PAPER

資料ダウンロード

ホワイトペーパー アンケート調査でわかった ERPパッケージ導入成功の秘訣

ERPは、全社的な業務最適化、データ活用など、ビジネスにおいて大きな役割を果たしますが、 導入・運用にあたり課題を感じている企業も少なくありません。

本資料では、SCSKが実施した独自アンケートの結果を紹介しながら、どのようなERPが必要とされているのかを考察していきます。

ホワイトペーパー 「働き方改革時代」に対応する勤怠管理システム4つのポイント

「働き方改革関連法」が2018年6月に可決・成立したことを受け、多くの企業が長時間労働の是正や多様な働き方の実現のための施策を行う必要があります。

本資料では、働き方改革が叫ばれる中、いまどのような勤怠管理システムが求められているかを考えていきます。

資料請求・お問い合わせ

まずはお気軽にお問い合わせください。

03-6772-9700

受付時間 9:30~17:00(土日祝除く)