組織を強くするクラウドERP <ProActive>
 
組織を強くするクラウドERP <ProActive>
ニュース&トピックス

ウィズコロナに対応する企業の新たな働き方に即した
新勤怠管理ソリューションを提供開始
〜ERP「ProActive」とIoTソリューション「CollaboView」を連携し、適切かつ効率的な勤怠管理を実現〜

2020年8月26日

SCSK株式会社(本社:東京都江東区、代表取締役 社長執行役員 最高執行責任者:谷原 徹、以下 SCSK)は、ウィズコロナで在宅勤務を主とした、新たな働き方に取り組む企業の勤務実態に即した勤怠管理を実現するため、自社開発のERP「ProActive(プロアクティブ)勤怠管理システム」と、BLE※タグとIoTネットワークを活用して働く人と環境を「見える化」する「CollaboView(コラボビュー)」を連携した、新勤怠管理ソリューションを2020年8月26日から提供開始します。
従業員の勤務実態に即した勤怠管理と、多様化する従業員の勤務従事場所を可視化することで、ウィズコロナに対応する企業の新たな働き方を支援し、適切かつ効率的な勤怠管理に貢献します。
※ BLE:Bluetooth Low Energyの略称で、Bluetoothの規格化団体Bluetooth SIGが規定した規格「Bluetooth version 4.0以降」の無線技術の名称。Bluetooth Smartなどとも呼ぶ。

1.背景

現在、新型コロナウイルス感染症 (COVID-19)の拡大に伴い各企業では、オフィスへの出社を前提とする働き方から、在宅勤務をはじめとするリモートワークへと、新たな働き方が常態となりつつあります。在宅での勤務実施に伴い、業務時間中の在席確認や実働時間の客観的な把握など、管理者、在宅勤務者ともに負荷が増加しています。勤怠管理を主管する管理部門では、全社における在宅勤務の実態把握なども課題となることが考えられます。
これらの課題解決に向け、SCSKでは、自社開発のERP「ProActive勤怠管理システム」と、BLEタグとIoTネットワークを活用して働く人と環境を「見える化」する「CollaboView」を連携し、従業員の位置情報や検知時刻情報を把握できる勤怠管理ソリューションの提供を開始しました。
SCSKは、働き方改革関連法で義務化されている「客観的方法による労働時間把握」への対応と全従業員の勤務場所の可視化を実現することで、ウィズコロナに対応する企業の新たな働き方を支援し、適切かつ効率的な勤怠管理に貢献します。

2.ERP「ProActive」とIoTソリューション「CollaboView」連携ソリューションの特長

【位置情報を自動収集】

オフィスをはじめ、近年増えているサテライトオフィスなどでは、各拠点に配置した中継器を、在宅では従業員が所有するスマートフォンを経由して、BLEタグの電波情報を自動で収集し、従業員の位置情報を取得できます。全従業員の業務従事場所および在席状況については「CollaboView」でリアルタイムに確認することができるため、オフィスへの出社なのか、在宅勤務によるリモートワークなのかについても、一目で簡単に把握することが可能です。
また、「ProActive勤怠管理システム」のスマートフォン版では、標準機能としてGPS打刻にも対応しているため、直行・直帰時の勤務打刻ができ、外出中や在宅勤務中における従業員の勤務場所の特定も容易になります。

【始業・終業時刻の妥当性確認】

「CollaboView」で収集した1日における初回および最終検知時刻情報を「ProActive勤怠管理システム」へ連携し、客観的方法による勤務時間情報として、画面上での確認が可能です。連携された時間情報と始業・終業打刻時間を比較し、適切な勤務時間が登録されているのかを把握できます。
打刻時間と「CollaboView」の時間情報に差異がある場合には、「ProActive勤怠管理システム」上で正しい勤務時間へ修正するか、時間が乖離した理由を記載しない限り、管理者による勤務時間の承認ができません。そのため、在宅勤務の場合に把握が難しいとされる“隠れ残業”の兆候の捕捉、抑止に効果を発揮し、適切かつ効率的な勤怠管理の実現を支援します。

始業・終業時刻の妥当性確認

「ProActive」について

SCSKのERPパッケージ「ProActive」は、27年間、6,200社、280の企業グループを超える導入実績を誇っています。ニーズに応じてオンプレミス、マネージドサービス、SaaSから柔軟に利用形態を選択することが可能です。保守サポートの終了が無い「超寿命」、グループ導入を支える豊富なノウハウと機能、国産ERPならではの法改正対応と高い業務適合率など、さまざまな特長を有しています。

ProActive Webサイト https://proactive.jp/

「CollaboView」について

「CollaboView」は、BLEタグと独自のIoTネットワークでオフィスの人・モノや自宅で働く人の位置情報・時間情報を収集し、働く人と環境を「見える化」するサービスです。蓄積したデータを活用して働き方を「診断」することで新たな気づきが生まれ、業務効率向上やコミュニケーションの進化、新しい働き方を実現します。

「CollaboView」について

SCSKのサステナビリティ経営

SCSKグループは事業を通じた社会課題解決により、社会と共に持続的な成長を図る「サステナビリティ経営」を推進しています。社会が抱えるさまざまな課題の中で、特に重要と捉え、優先的に取り組む課題を7つのマテリアリティとして策定しており、本サービスは、特に「いきいきと活躍できる社会の実現」に資するサービスです。

-勤務環境の改善、働き方のさらなる向上

SCSKグループ、経営理念の実践となる7つのマテリアリティを策定

本件に関するお問い合わせ先

【製品・サービスに関するお問い合わせ先】
SCSK株式会社
ProActive事業本部
東京:03-6772-9700 名古屋:052-209-7007 大阪:06-6223-6230 福岡:092-472-5800
E-mail:proactive@ml.scsk.jp

AMO第二事業本部
新ビジネス推進部 Skeed推進課 CollaboView担当
TEL:03-6772-9703
E-mail:skeed-sales@ml.scsk.jp

【報道関係お問い合わせ先】
SCSK株式会社
広報部 山中
TEL:03-5166-1150

※掲載されている製品名、会社名、サービス名はすべて各社の商標または登録商標です。

資料請求・お問い合わせ

まずはお気軽にお問い合わせください。

03-6772-9700

受付時間 9:30~17:00(土日祝除く)