請求書処理効率化
(AI請求書読み取り
ソリューション)

About

AI-OCRで
経理‧財務部門のペーパーレス化、テレワークを実現

ProActive(ERP)と連携し、経理‧財務部門のペーパーレス化、在宅勤務を支援します。AI-OCRにより、事前の帳票定義は不要で、請求書情報をデータ化。データ化した情報はProActive(ERP)へ連携し、請求書情報をもとにした支払伝票データの作成、支払予定情報との自動照合や自動確定が可能。請求書処理業務の負担を大幅に軽減します。

このようなお悩みありませんか?

  • フォーマットが異なる紙の請求書を見ながら、一枚ずつシステムに手入力するのが大変
  • 入力ミスをなくすための突き合わせや照合のチェック、修正に時間がかかっている
  • 月末月初に業務が集中するため担当者の負担が増え、残業が発生している
  • テレワーク中なのに、請求書など紙ベースの処理のために出社が必要

Features

請求書読み取り
ソリューションの特長

01

事前定義不要で
自動読み取りしデータ化

請求書フォーマットが異なっていても事前定義が不要で、請求日付・請求書番号・金額等の情報を読み取り、データ化します。

02

データ化した請求書情報の管理・補正が可能

データ化した請求書情報は、画面上で検索や照会が可能です。読み取り情報の修正や、不足情報の追加登録も行えます。

03

ProActive(ERP)との連携

ProActive(ERP)との連携により請求書データを元にした既存の支払予定との自動照合や、新規の支払予定のデータ作成が可能です。

ProActiveとの連携メリット

「BtoBプラットフォーム請求書」で受領した請求書データをCSVでProActiveに連携します。

ProActiveとの連携メリット

利用の流れ

  • STEP1

    請求書アップロード

    請求書を複合機でスキャンしフォルダにアップロードします。

  • STEP2

    AI-OCRによるデータ化

    フォルダに請求書が保存されると、AI-OCRによる読み取りが実行され、事前定義不要でデータ化されます。

  • STEP3

    画面上で検索・照会・補正

    画面上で検索や照会が可能です。読み取り情報の修正や不足情報の追加登録を行うことができます。

  • STEP4

    会計システム連携

    既存の支払予定との自動照合や新規の支払予定のデータ作成が可能です。

AI請求書読み取りソリューションを
動画で紹介

Contact us

ご興味を持たれた方、まずはお気軽に
お問い合わせください!