導入事例
NTTソフトウェア株式会社
株式会社学研プロダクツサポート
霧島ホールディングス株式会社
近鉄不動産株式会社
株式会社クオカード
株式会社KDDIエボルバ
株式会社サンケイビル
株式会社JSP
タワーレコード株式会社
株式会社東京証券取引所
豊通マテックス株式会社
株式会社長谷工アネシス
株式会社フィッツコーポレーション
プリモ・ジャパン株式会社
株式会社毎日新聞社
株式会社Misumi
株式会社モスフードサービス
郵船商事株式会社
リゾートトラスト株式会社


ERP ProActive TOP >導入事例 >近鉄不動産株式会社

近鉄不動産株式会社様

 

導入の概要

近鉄不動産株式会社様
経営力の向上へ向け、
社内情報インフラを全面的に再構築。

近鉄不動産株式会社様は、近鉄グループの不動産部門における中核企業として、マンション事業から都市型戸建住宅事業、リフォーム事業、ゴルフ場やホテル事業等を展開し、様々な生活の場面における、より豊かな空間と環境づくりに取り組まれています。
関西圏を中心に首都圏、東海圏をフィールドとして、その事業を大きく発展させている同社は、激化する競争環境や決算報告書の四半期開示義務化、内部統制といった制度改定などの環境変化に迅速に対応するべく、情報のインフラの大規模な刷新に着手。その根底を支える基幹業務システムとしてProActive E² (プロアクティブ)を採用されました。

導入の詳細

背景

四半期決算、内部統制、競争激化…。迫り来る環境変化を突破するためには、業務を標準化し効率を追求することとリアルタイムに情報を把握できるERPパッケージが必要だった。

課題

  • 1.制度改定に伴う決算早期化や内部統制への対応
  • 2.競争力強化の為の事業別・プロジェクト別採算の早期把握・予実管理が必要
  • 3.既存システムの経年劣化によるメンテナンスの負荷の増大

課題解決のポイントと、導入に対する評価

ProActive E2選定時のポイント
  • 豊富な機能を持ち、できる限り追加開発を行わずに導入できること
  • 大規模なプロジェクト推進を任せられるスキルの高い導入コンサルタントがいること
導入後の評価
  • 月次決算の早期化を実現できた
  • プロジェクト単位の収支状況をリアルタイムに把握できるようになった
  • 業務の標準化に伴い、入力ミスの減少、業務のスピード化や効率化が実現できた
お客様の声

長年に渡り、自社システムを使っているため自社でしか通用しない業務が多くなっていましたが、勘定科目の体系変更なども含め、ProActive E²をベースとして業務を標準化しました。結果、それを基に、プロジェクト単位の収支状況を早期に把握できるようになりました。
また、経営層だけでなく、全従業員が同じデータ、同じタイミングで議論可能な基盤が整備できたことも大きな効果です。新システムに蓄積した数字を用いた迅速な意思決定が行われるなど、早い段階で目に見える効果がありました。

さらに詳細な事例カタログをご希望の方は資料請求からお問合わせください。

お問い合わせ・資料のご請求よくあるご質問