イベント・セミナー 

> >

イベント・セミナー詳細

セミナー <IFRS対策 グループ経営セミナー> 「オリジナルQUOカード」進呈!!
さらなる決算早期化、業務効率化の実現に向けて
~ IFRS導入の効率的な進め方/ERP・連結システムの活用法 ~

2014年2月26日(水)

停滞気味だったIFRSの検討も、2013年の半ばから、J-IFRSの検討や任意適用の基準見直しなど、いまだ不透明ではあるものの、 少しずつ動き始めています。こうした中、任意適用の基準緩和により、IFRSの導入を検討し始めている企業グループが増えつつあります。
本セミナーでは、IFRSの任意適用を行うにあたり、その効率的な導入の進め方を、実際に適用プロジェクトを推進した株式会社ディーバの公認会計士が、 事例に基づいて解説いたします。また、IFRS適用後もグループ経営に求められるスピード感は変わらず、さらなる決算早期化、業務の効率化が 求められます。この課題を解決する1つの解として、ERPによるグループ共通システム、連結会計システムによるグループ経営を支援する ソリューションをご紹介いたします。

共催

SCSK株式会社
株式会社ディーバ

日時

2014年2月26日(水) 14:00 ~ 17:00(受付開始 13:30) /  定員 50名
※参加費無料

セミナー内容

14:00 ~ 15:10
■ 基調講演
IFRS導入の効率的な進め方
~ IFRSの任意適用を行うにあたり、その効率的導入方法を事例とともにご紹介 ~

株式会社ディーバ
ソリューション企画室長
公認会計士  斎藤 和宣 氏

IFRSを適用するには、日本基準による決算とは別のもう1つのIFRS決算を確立しなければならないのですが、 取り扱う情報量が増加するため、より効率的な決算が求められます。また、適用までには日本基準とIFRS基準の 「並行運用」期間が約2年間続きますので、より効率的なIFRS導入が必要になります。効率的なIFRS導入について 事例とともに解説いたします。

~ 休憩 ~

15:20 ~ 16:00
■ Session 1
IFRS適用後の決算早期化を実現するERP活用法と選び方
~ ERP「ProActive E²」によるグループ共通業務システムのすすめ ~

SCSK株式会社 ProActive事業本部

IFRS適用に向けたシステム対応の最適解の1つにERPパッケージの活用が挙げられます。 さらに、グループでERPを共通利用することで、グループ経営の支援にも効果を発揮します。 IFRS対応によって、業務効率の最適化、決算開示の早期化の実現につながるERP活用法とその選び方について、 IFRSを支える力となる、超寿命ERP「ProActive E²」のグループ共通業務システムを例に、わかりやすくご説明 いたします。

16:05 ~ 16:50
■ Session 2
IFRS適用後のグループ経営に求められるIT活用例
~ 連結決算、経営情報活用における会計データ統合手法 ~

株式会社ディーバ 統合会計事業本部

IFRSを見据えた現行連結決算の早期化や、管理会計の高度化を支援する仕組みが求められる状況の中、 弊社が考える解決策の一つとして「統合会計データベース」というコンセプトがあります。 当コンセプトに基づいた、グループ会計データ統合を実現するソリューション「GEXSUS」について、 最新の導入事例、当ソリューション導入プロジェクトの特徴を交えてご紹介いたします。

16:50 ~ 17:00
【質疑応答】

※内容は予告無く変更することがございます。予めご了承ください。

参加者特典

ご参加いただいた方には、「オリジナルQUOカード」を進呈いたします。

会場
  • トラストシティカンファレンス・丸の内
      東京都千代田区丸の内1-8-1 丸の内トラストタワーN館3階
      >> 会場案内図
交通機関
  • JR「東京駅」日本橋口 徒歩1分
  • 地下鉄「大手町駅」B7出口 徒歩2分
  • 地下鉄「日本橋駅」A3出口 徒歩4分
参加お申し込み

    本セミナ―の受付は終了させていただきました。

本セミナーに関するお問い合わせ先
  • SCSK株式会社
  • ProActive事業本部 セミナー事務局
  • TEL : 03-3570-5800
  • E-mail : proactive@ml.scsk.jp