組織を強くするクラウドERP <ProActive>
ERPなら「ProActive(プロアクティブ)」
導入事例

タワーレコード株式会社

導入の概要

  • コーポレートガバナンスの強化と同時に業務効率の向上に成功。よりスピーディに経営状況の把握が可能に。

「NO MUSIC, NO LIFE.」をコーポレート・ボイスと位置づけ、店舗ならびにEコマースでの音楽・映像ソフトの販売、音楽イベント、フリーマガジンの発行など、すべてのお客様に音楽のある豊かな生活を提供することを目指し、さまざまな活動を行っているタワーレコード様。業務効率の改善、ガバナンスの更なる強化、TCO(Total Cost of Ownership:総所有コスト) の低減を実現する新システムとして採用したのが、「ProActive E²」でした。

導入の詳細

  • 背景

会計と人事・給与の各業務を別システムで運用していることや、表計算ソフトを利用した 手作業があり、更なる内部統制の強化やスピード経営を支える業務効率の向上を実現するため、業務プロセス 改革を必要としていた。そこで、旧システムのサポート終了を機に、各種課題を解決できる新しいシステムの検討を 開始した。

  • 課題
  1. 更なる内部統制の強化を実現したいが、表計算ソフトなどによる「人の手を介する業務」があり、プロセス改善が困難
  2. 各業務システムの情報の整合性を見つつ、経営状況を把握する必要があり、作業の効率化を望んでいた
  3. 管理対象システム数が多くTCOが上昇。メンテナンス負荷も高く、システム運用の効率改善が必要
  • 課題解決のポイントと、導入に対する評価
ProActive E²選定時のポイント
  • 業務適合率が最も高く、手運用の削減や承認ワークフローによる円滑な業務遂行による効率向上が可能
  • サーバ統合による運用コスト低減、システム運用業務の集約によるメンテナンス負荷軽減が実現可能
  • システム連携にEAIツール※を用いるなど、システムの標準機能を活かした導入提案だったこと

※インフォテリア株式会社の"ASTERIA WARP"を採用

《 お客様の声 》

人事と会計システムを統合したことで、マスタや伝票データの二重入力などの作業を無くすことができました。また、在庫評価の仕訳伝票の起票や独自フォーマットの請求書発行業務、採用発令情報など、ProActive E²とそれ以外のシステムをEAIツールで連携させることで、多くの手作業を減らすことができ、業務効率の向上と入力ミスの低減につながるだけでなく、内部統制の強化、経営情報のスピーディな把握を実現できました。システム統合のメリットとして、マイナンバー制度のような会計・人事にまたがる法改正において、影響範囲を絞ることができ、対応費用を抑えられることも効果として感じています。今後は、環境変化への追随や当社の業務効率改善につながる新機能の強化など、ProActive E²の進化に期待しています。またSCSKは、ProActive E²に限らず、様々な製品・サービスを取り扱っており、当社の課題を解決する最適な提案をいただける良いパートナーと考えています。

事例の詳細を記載したカタログは以下のボタンからダウンロードできます。

事例カタログダウンロード
月額利用料シミュレーター

シミュレーターのご利用には会員登録が必要です。

CASE STUDY

ProActive 他の導入事例

月間約20時間のシステム運用工数削減に成功。分散入力を実現しても操作が簡単なので混乱もなく本番稼働実現

リゾートトラスト株式会社

新グループ会計システムの構築により、全利用者の満足度向上と決算期の残業時間 16%削減に成功

株式会社サンケイビル

多様な事業を展開するグループ各社の経営の可視化と業務効率の向上を実現する新しいグループ共通業務システムを構築

株式会社misumi

WHITE PAPER

資料ダウンロード

ホワイトペーパー アンケート調査でわかった ERPパッケージ導入成功の秘訣

ERPは、全社的な業務最適化、データ活用など、ビジネスにおいて大きな役割を果たしますが、 導入・運用にあたり課題を感じている企業も少なくありません。

本資料では、SCSKが実施した独自アンケートの結果を紹介しながら、どのようなERPが必要とされているのかを考察していきます。

ホワイトペーパー 「働き方改革時代」に対応する勤怠管理システム4つのポイント

「働き方改革関連法」が2018年6月に可決・成立したことを受け、多くの企業が長時間労働の是正や多様な働き方の実現のための施策を行う必要があります。

本資料では、働き方改革が叫ばれる中、いまどのような勤怠管理システムが求められているかを考えていきます。

資料請求・お問い合わせ

詳細な情報をご希望の方は資料請求からお問い合わせください。

お問い合わせはこちらから

03-6772-9700

受付時間 9:30~17:00(土日祝除く)