ProActiveの活用方法

資産管理編

もう苦労したくない!資産の物件管理業務

資産については、償却費やリース料の管理だけでなく、資産物件自体も管理していかなければならない。でも、現物管理をする上で棚卸作業が毎年負担になっているのでどうにかしたいなぁ・・・。

ERPパッケージによる課題解決のポイント

ポイント1:資産物件管理

固定資産管理を行う上で、単に償却費の情報を管理するだけではなく、管理場所や担当者、物件の明細、保険、物件写真、移動履歴など、関連する付加情報をつけて管理することができれば、棚卸の度に散在する関連情報や履歴情報を集める必要はありません。また、購買情報との連携など、ERPパッケージとしての総合力がある製品を導入すれば、資産に関してさらなる管理レベルの向上が期待できます。

ポイント2:資産情報の一元管理

固定資産、リース資産、少額資産など、企業が保有する資産を一元的に管理することで、資産を効率的に管理することが重要です。

ProActiveでの解決策

ProActiveでは、資産の管理場所や担当者、物件の明細や保険、物件写真や契約書、移動や台帳の分割などの資産処理履歴など、多数の付加情報をつけて資産を管理することが可能です。また、販売管理システムを組合わせることで、資産の購買情報に関しても管理することが可能です。

また、固定資産、リース資産、少額資産など、企業が保有する資産を一元的に管理することが可能で、資産の種類にとらわれずに棚卸作業を行うための棚卸チェック表や、資産に貼り付ける物件シールなども出力いただくことができ、償却費の計算だけにとどまらない資産管理システムの構築が可能です。

資産管理における課題

Contact us

ご興味を持たれた方、まずはお気軽に
お問い合わせください!