ProActiveの活用方法

人事・給与編

安心してマイナンバーを管理できるシステムとは?

マイナンバーは収集して、管理しているけれど、新入社員の個人番号収集は、やはり大変。まだ先の話だけど、管理期限を迎えた退職者の個人番号のメンテナンス漏れなどが不安だなあ・・・。

ERPパッケージによる課題解決のポイント

ポイント1:収集から廃棄まで個人番号管理サイクルを網羅する仕組み

個人番号登録の負荷軽減、番号の目的外利用禁止や、個人番号の廃棄対象を把握できる機能など、個人番号管理サイクルを支援する機能を有するシステムが必要となります。

ポイント2:安全管理措置への対応を支援する機能

情報漏えいが許されない個人番号の管理。システムへのアクセスセキュリティをはじめ、個人番号の暗号化など、安全管理措置を支援できるしっかりとしたセキュリティ機能を有するシステムを選定することが重要です。

ProActiveでの解決策

ProActiveは、個人番号の収集を支援する「個人番号届出用紙」、「セルフエントリー機能」を提供。個人番号登録の負荷軽減を支援します。また、番号の目的外利用を禁止するため、税務署提出用の法定調書は個人番号管理システムからのみ出力可能としています。さらに、個人番号の廃棄対象抽出機能と対象者の一括削除機能により、適切な番号廃棄を実現します。

さらにセキュリティを考慮し、通常の社員マスタとは分離し、独立したマスタとして管理。登録された個人番号の暗号化(電子政府推奨暗号リスト)や個人番号管理システムへのアクセス制御、パスワードの多重化やワンタイムパスワードなど、技術的安全管理措置への対応をしっかりとサポートします。

導入事例

株式会社学研プロダクツサポート

株式会社学研プロダクツサポート様は、分社化により煩雑となっていたグループ人事管理の労働生産性の向上と、数万人規模のマイナンバー管理を実現できるシステムとして、ProActive E²を採用しました。

人事・給与における課題

Contact us

ご興味を持たれた方、まずはお気軽に
お問い合わせください!