ProActiveの活用方法

販売管理編

後悔先に立たず。システム拡張への対応力は?

既存情報システムや他社情報システムとのEDI連携など、販売管理システムは連携が多いのだけど、パッケージシステムで柔軟に対応できるのだろうか?

ERPパッケージによる課題解決のポイント

ポイント1:外部との連携を意識した製品

外部システムとの連携を行う際、パッケージ内に多種多様な外部連携を想定したインタフェースがあらかじめ準備されていることが重要です。外部連携機能が少ないERPパッケージの場合、連携が必要なシステムごとに追加機能開発が発生してしまうケースが見られるので、選定の際には重点的にチェックする必要があります。

ポイント2:技術面による拡張性のサポート

サービス指向アーキテクチャ(SOA)などの採用により、システムを連携・拡張していくためのアーキテクチャや構成をERPパッケージとして考慮しておくことが、将来のシステム拡張を考えた時、重要になります。

ProActiveでの解決策

ProActiveは、サービス指向アーキテクチャ(SOA)の採用により、システム間の連携・拡張を容易に実現します。

販売システムとして、EDI、ハンディターミナル、WMS、ECサイト、CRM、SFA、生産管理などのシステムとの連携をあらかじめ視野に入れており、ProActive販売システムを中心に、将来的にも順次拡張可能なシステムを構築いただけます。

販売・購買管理における課題

Contact us

ご興味を持たれた方、まずはお気軽に
お問い合わせください!