ProActiveの活用方法

人事・給与編

人材情報の一元管理と有効活用の秘策とは?

グループ企業の人事情報を一元的に管理できたら、グループ全体で人材を有効活用でき、重複する業務や人材については無駄を省いてコスト削減につなげたいと思うのだけど・・・。

ERPパッケージによる課題解決のポイント

ポイント1:情報の一元管理

一つのERPパッケージの導入により、グループ各社全体の人材情報を一元的に管理でき、様々な切り口で参照できることが重要です。また、雇用形態が複雑化する中で、アルバイトや派遣社員の正社員化や、グループ間の人材流動化といった自由度を持ったERPパッケージを選定することも重要です。

ポイント2:業務や管理形態にあわせたきめ細かな対応

人事情報の管理だけでなく、それぞれの人事制度や、給与体系など柔軟に対応ができるかどうか、また勤怠システムを含めて人件費や原価の把握につながる仕組みであることが重要です。

ProActiveでの解決策

ProActiveを導入していただくことで、グループ各社の人事データや社員IDを一元的に管理することも可能です。グループ間の人材有効活用だけでなく、派遣社員やアルバイトから正社員化といった多様化する雇用形態にも柔軟に対応可能です。

お客様の人事制度や給与体系にあわせ、多彩な予備項目や理論上無限に設定可能な3次元テーブルなどを利用し、きめ細かな個別設定が可能です。また、人件費負担の明確化や勤怠システムとの連動によるプロジェクト毎の工数把握など、きめ細かな費用管理が可能です。

人事・給与における課題

Contact us

ご興味を持たれた方、まずはお気軽に
お問い合わせください!