ProActiveの活用方法

人事・給与編

組織変更・制度変更に強い人事システムが欲しい

企業戦略や時代の移り変わりに合わせて、実施される組織改正や制度改正。こういった環境変化にも強い情報システムを導入したいなぁ。

ERPパッケージによる課題解決のポイント

ポイント1:変化への対応

企業によっては、頻繁に組織変更があったり、細かな人事制度の変更があったりするものです。そういった変更に対して、人事情報の世代管理機能や、変更に伴うデータの引きつぎを上手にできるERPパッケージを選ぶことが重要です。また、人事情報と給与情報が別々に管理されている場合、同じデータを二重管理しなければならなくなるといったケースが発生するため注意が必要です。

ポイント2:法改正への対応

人事業務は企業戦略だけでなく、法改正の影響も受けやすいものです。法改正に伴う業務の変化や、それがシステム上どのように対応されたのかという点についてわかりやすく説明され、適用されていくことが重要です。

ProActiveでの解決策

ProActiveは、人事情報と給与情報を完全に一元管理することができます。つまり、どちらかで変更を加えれば二重メンテナンスが不要です。
また、役職体系などの諸制度や組織情報を、世代別に履歴管理することが可能です。また、変更に伴うデータの引継ぎについても新旧の移行設定により、システム側でコントロールすることができ、データ参照時は基準日を指定することで、過去の情報についても当該時点の情報を参照することが可能です。

法改正による変化が多いのも人事・給与システムの特徴ですが、ProActiveでは法改正対応のプログラム提供のみでなく、製品をお使いいただいているユーザー様向けに制度変更に関する説明と製品における対応、操作説明に関する無料セミナーを開催し、お客様の業務をサポートしています。

人事・給与における課題

Contact us

ご興味を持たれた方、まずはお気軽に
お問い合わせください!